企業で利用する名刺管理ソフトを導入する前に比較しよう

女性

記事一覧

月額利用でお得に

通話

横浜でも電話代行サービスを利用している会社は多く、特に小規模な会社にとっては欠かせないサービスとして知られています。電話を受けるだけでも人手は必要になりますが、電話代行サービスなら安い価格で利用することができます。

詳しくはこちら

営業マンの強い味方

システム

営業における現場も思い荷物や資料を運ぶ必要性がなくなっています。最近ではタブレットやパソコンを持ち歩くだけのスタイルが主流になっています。そして営業支援システムは、必要な情報を瞬時に出すことができる便利なツールになっています。

詳しくはこちら

外部委託で問題解決

紳士

総務や人事、経理などの非生産部門のコストを削減させることは企業全体の利益を出すことにもつながります。アウトソーシングを便利に利用することでこれを可能にします。繁閑の差に対応できない人件費を回避することができるのです。

詳しくはこちら

営業マンに必須のアイテム

名刺

企業が営業活動を行い、各社の担当者などから受け取った名刺について、活用することで様々なビジネスチャンスにつなげることが可能になる。名刺は、相手の社名や部署などが入った情報であり、その担当者とのつながりとなるものである。これらは通常は営業マンが営業活動を行う際に交換し、受領して来るものである。営業マンが受け取った名刺を、そのまま営業マンが所持し、情報が集約されない場合、活用することが難しい。そこでこれらを活用するためのものとしてあるのが、名刺管理ソフトである。名刺管理ソフトでは、名刺に記載されている内容をデータ化し、管理するものである。名刺管理ソフトによりデータ化することで、検索などが容易になり活用の幅が広がる。

名刺管理ソフトを活用する場合、電子化が簡単に行えることが重要である。名刺に記載されている社名や担当者名を手動で入力する場合、手間がかかったり打ち間違いなどが発生しやすくなる。その為、名刺管理ソフトを導入する際の比較検討では、電子化が簡単に行え手間がかからないものを選ぶことが重要になる。また、比較の際には名刺管理ソフトの使い勝手の良さも比較ポイントになる。名刺管理ソフトに取りこんだデータについては、社名など以外に補足情報を付加できるものなどがある。補足情報が無い場合、その担当者がどのような担当であるかや、どのようなものを要望しているかが分かりづらくなる。補足情報を入力でき、検索しやすいものを比較検討して探すと利用しやすい。